大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

⼝内炎について

⼤阪市旭区の皆様こんにちは。⽣島⻭科医院院⻑の⽣島です。
⻭ぐきや⼝の粘膜に炎症ができて、いつまでたっても治らず、しょっぱいものや酸っぱいものが沁みてしまう。
⼝内炎の不快感の経験、皆様もお有りかと思います。今回は、⼝内炎についてご案内いたします。

⼝内炎とは?
「⼝内炎」とは⼝の中の数ヵ所以上に炎症がある状態を広い意味であらわす⾔菓です。⼝内炎とひとくくりにしていますが、原因や状態によりいろいろな症状があり、名称も変わります。疱疹性⼝内炎、ワン
サンロ内炎、再発性アフタ(アフタ=⼝腔粘膜にできる直径数ミリの円形または楕円形の,境界がはっきりした浅い潰瘍)などと呼ばれるものがあります。
⼝内炎の症状は、⼝腔内の粘膜や⻭ぐきに、⽔疱(⼩さな⽔がたまったようなふくらみ)、びらん(ただれ)、潰瘍(クレーターのように周りが少し盛り上がり、中が くぼんでいるような形)、偽膜(⽩くなったように⾒える)、紅斑(部分的に⾚みが強くなる)などができ、触れると強い痛みを伴います。つばが多く出たり、⼝の臭いが強くなり、さらにあごの下のリンパ節に腫れや発熱を伴うこともあります。
⼆次的な影響として、⼝内炎の影響で、⼝の中のお⼿⼊れが正常にできず、⻭や⻭ぐきに影響を与えます。さらに⾷事がきちんととれないため、栄養不良や疲れなどが強くなります。

⼝内炎の原因
先にも述べましたが、原因はさまざまあります。
ウィルスやスピロヘータ(細菌の⼀種)などの感染によるものや、再発性アフタ(アフタ性⼝内炎)のように原因が不明のものもあります。
原因が特定できる場合の多くは、噛み合わせの合っていない⼊れ⻭やブリッジの使⽤、形の合っていない被せ物や⻭の尖った箇所が当たる、⾷事中に頬の内側を噛む、等が挙げられます。他にはアレルギーやストレスなどが原因とする報告もあります。触ると激しく痛みますが、1-2 週間程度で治っていきます。

⼊れ⻭やブリッジ、かぶせ物や⻭の形が原因の場合には、それを直すことで改善させることができます。
原因がよくわからない再発性アフタなどの場合は、刺激の少ないうがい薬で⼝の中をきれいにしたり、副腎⽪質(ステロイド)ホルモンの軟膏を繰り返し塗ったり、ビタミンB などを投与します。
また⼀時期治っても、また繰り返し再発する場合もあります。