大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

「補綴」治療とは?

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

歯科治療で、「補綴治療」という言葉があります。大阪市旭区の歯科・歯医者 生島歯科医院のブログ記事イラスト 読み方は補綴(ほてつ)と読み、補綴治療は歯の大部分や歯そのものを欠損した際に、見た目や噛み合わせを補綴装置(かぶせ、さし歯などの人工物)で補う治療です。歴史としては紀元前2000年~1000年からあるといわれ、日本でも奈良時代から入れ歯があったことがわかっています。

この補綴治療にはいくつも種類があり、歯の残存状態によって、使用する器具や処置が変わってきます。
また材質にも種類があるので、金属アレルギーの有無や強度、見た目などを考慮して選択していきます。

重要な補綴治療の選び方
・審美性
材料素材によって色味や硬さが変わってきます。
歯というものは人の顔の印象を決める割合が多く占めています。より自然な歯の色や形状を求める方には重要なポイントとなります。

・機能性
口腔内の状況(虫歯や歯周病の進行状態)、顎関節部分の健康状態などを考慮し、より自然に身体に合うか、口腔内にマッチするかを見ます。

・耐久性
より丈夫で長持ちをするかどうか、特に長期間使用する為には素材とし高品質なものを選択する必要性がでてきます。大阪市旭区の歯科・歯医者 生島歯科医院のブログ記事イラスト

・金属アレルギーの有無
歯科用金属によるアレルギー症状が現れる方もいます。また症状は口腔内のみや、体の一部、全身に現れたりするなど、ケースによって現れ方も多彩にありますので、この点は最も注意が必要でしょう。

【参考ページ】生島歯科医院の自費診療一覧

以上いくつかのポイントを挙げていきました。
次回では補綴治療の種類についてご案内したいと思います。