大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

よくあるご質問

プラスチックの詰め物やかぶせについて

プラスチックの詰め物やかぶせについて

奥歯(臼歯)の咬合面(咬む部分)でプラスチックの詰め物やかぶせをすると、素材が柔らかい為に咬む力に対して耐久力がなく、割れたり破損したりしやすいです。

エナメル質とプラスチックの硬度がかなり違うので、食事などで咬むことにより歯質が徐々に擦り減る(咬耗)のに対して、プラスチックはかなり早く擦り減ります(咬耗が早い)、詰め物やかぶせの厚みが急速に薄くなり、穴が開いたり破損したりしやすいです。
(硬質レジン前装冠も下顎前歯部の咬合するところは硬質プラスチックなので咬耗により穴が開いたり破損しやすいです)
また吸水性がある為にプラスチックの色が徐々に黄色か黒色に変色して見栄えが悪くなり、口臭の原因のもなります。

費用的な面では安いのですが何回もやりかえることになり、早く咬耗してそのぶん上下の歯が延出して、かぶせや詰め物のスペースがなくなる為に上下の歯を再度削らなくてはいけません。(対合歯も延出するので咬み合わせを考えると削らなければならないです)

またほっておくと咬み合わせのバランスが崩れる為に顎関節症を起こしやすくなります。

長い目で見たら費用は高くつき、やりかえるたびにその歯と対合歯を削るので勿体ないです。

そして咬み合わせのバランスが崩れることにより見た目も悪くなります。(歯並びが悪くなるということ)