大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

喫煙が及ぼす口腔内のトラブルについて③

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

喫煙が及ぼす口腔内のトラブルについて、前回は歯ぐきへの影響とヤニ汚れについてお伝えしました。
喫煙による歯のヤニ汚れは、歯垢・歯石を溜めやすくし、歯周病の原因となります。喫煙者の方は特に気を付けてください。
今回は喫煙が原因で起こる口臭と口腔がんについて、お伝えします。

喫煙で口臭がひどくなる?大阪市旭区の歯科・歯医者 生島歯科医院の記事用イラスト
タバコを吸うことで口臭がひどくなると言われていますが、着火される前のタバコそのものを嗅いでみても、臭いを感じません。なぜならにおいのもとは「タバコの煙」に含まれるタールとニコチンが主な原因だからです。

タール自体が独特の臭いを持っており、喫煙により舌や歯、既にある歯垢、歯石などにも付着します。付着した臭いはそのまま口腔内に残り、悪臭を放ちます。
ニコチンは臭いではなく、化学物質特有の作用で引き起こされる血管の収縮や血圧上昇が間接的な原因となります。口腔内の血液循環機能も低下しますので、唾液の分泌が減っていまします。すると口腔内に菌が繁殖しやすくなり、悪臭のもととなるのです。
その他にも利尿作用のコーヒーや紅茶などや糖質の多い飲み物は、体内の水分量を減少させ、口腔内に残るタールの量を増加させる恐れがあります。

恐ろしいのは口腔がん発症のリスク増
タバコを吸うことで起こる口腔内のトラブルで口臭よりも恐ろしいのは、口腔がんです。口腔がんは40~60歳代が最も発症しやすく、高齢になるほど多くなるといわれています。また喫煙者と非喫煙者を比較した場合、具体的な数値としては非喫煙者の約7倍、死亡率も約4倍も発症リスクが高いと言われています。
口腔がんにはがんの中でも早期に発見し、治療をすれば比較的予後も良好ながんですので、定期的に自分の口腔内をチェックし、疑わしい場合は医療機関に受診しましょう。
大阪市旭区の歯科・歯医者 生島歯科医院の記事用イラスト口腔がんの原因は喫煙以外にも飲酒や熱い食べ物や飲み物を習慣的にとることで、口腔内への刺激により細胞ががん化することもあり、他には合わない入れ歯、詰め物の取れた歯やむし歯の放置も、食習慣同様に刺激を与え続けたことになり、口腔がんを作ってしまう原因となります。