大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

喫煙が及ぼす口腔内のトラブルについて④

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

これまで3回にわたって、「喫煙が及ぼす口腔内のトラブル」を紹介しました。最後に具体的な対処をご案内します。

歯ぐきへの影響/ヤニ汚れ/口腔がん/口臭
今までご案内してきました「歯ぐきへの影響・歯の着色(ヤニ)・口腔がん・口臭」は喫煙が原因で引き起こされている可能性の高いものばかりです。そして改善には「禁煙」が最良の方法となります。禁煙に取り組む前に現状の対策としては下記の通りとなります。

歯の着色(ヤニ)は、歯科医院でホワイトニングを行ったり、ヤニの除去を行うことにより、ある程度はきれいにすることが可能です。
しかし喫煙を続けた場合は、すぐにまた元に戻ってしまいます。できるだけきれいな状態を維持するためには毎日の習慣を変えなければ改善は出来ないと考えてください。

口腔がんは進行したむし歯をそのままに放置していたり、合わない入れ歯を使用することにより口腔内を傷つけている、歯垢や歯石の汚れがひどい、などのことから発生の可能性が高くなります。破れかけのかぶせ物、合わない入れ歯、未治療のむし歯があれば、歯科医院で受診してください。口腔がん予防で重要なことは、かかりつけの歯科医を持ち、定期的な診療が重要となります。

口臭は喫煙以外に、歯周病が原因になっていることが多くみられます。予防のためにも少なくとも半年に1回は歯科医院での定期検診を受け、歯石除去等のケアを心がけてください。歯周病は口腔内の細菌が影響している以外にも、病原菌と戦う免疫機能や、遺伝的な資質、ストレス度、そして生活習慣が大きく関係しています。
生活習慣とは食生活、睡眠、それから喫煙、飲酒などが含まれます。歯周病は、糖尿病や心臓病などと同じ「生活習慣病」という認識を持ってください。

大阪市旭区の歯科・歯医者 生島歯科医院のブログ記事イラスト高血圧の患者さんが内科医師から「お酒を減らしましょう、塩分を控えましょう」と指導を受けます。同じように、歯科医師も喫煙習慣がある歯周病の患者さんには、「禁煙しましょう」とすすめます。しかしながら禁煙により、「歯周組織にとって悪影響を与える環境をマシにした」に過ぎません。
歯周病の治療には、禁煙に加えて歯周病の直接的な原因の歯垢や、固まった歯石を完全に除去することが必要です。