大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

大阪市旭区 森小路の皆様へ 子どもの歯磨きに関して1/4

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちわ。生島歯科医院院長の生島です。
今日から小児歯科の観点から「子どもの歯磨き」に関して、数回に分けてお伝えします。
小児歯科・予防歯科では歯磨きが非常に重要になってきます。

歯の健康は全身の健康と密接なつながりがあることは、これまでの紹介でお伝えした通りですが、子どもの健康のためにも歯磨きにご両親が関わることはとても重要です。
歯の健康と子供の成長は切っても切れないつながりがあるからです。
丈夫な歯で食べ物をしっかりと噛み、おいしく食べることのできる能力は、大人になって急に欲しがっても手に入るものではありません。
健康な歯は親が子に手渡せる、その子の健康を一生支えてくれる最大の贈り物と言えます。

仕上げ磨きはいつからいつまで?

仕上げ磨きとは、子どもに歯ブラシを持たせて歯磨きをさせた後、大人がきちんと磨いてあげることを言います。
子どもへの仕上げ磨きはできるだけ早く始めることが重要です。歯が生え始め、自分で歯ブラシが持てるようになったら、ご両親は仕上げ磨きを始めましょう。
具体的に何歳頃までしてあげたらいいのか悩まれる方も多いと思いますが、いつまでという目安はあまりなく、「自分の歯がきちんと磨けるようになるまで」ということです。
歯が生え始めて乳歯になり、乳歯が永久歯になって、毎日の歯磨きを子どもが一人でしっかりとできるようになるまでの間、ご両親が仕上げ磨きを手伝ってあげる方がよいでしょう。
小学校低学年でもきちんと磨ける子もいれば、高学年でもうまく磨けない子もたくさんいます。子どもの成長を見守りながら、あわせて歯磨きを教えていくようにしましょう。

それでは次回から子どもの年齢にあわせた歯磨きについて、それぞれご紹介していきます。