大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

予防歯科

最近の歯磨き粉について

最近の歯磨き粉について

最近、患者さんによくアドバイスしている事を書きます。

市販で売っている歯磨き粉はいろんな種類がありますが、昔に比べてかなり多くの研磨剤が入っています。
日本では「歯磨き粉の中に研磨剤を何パーセント以上入れてはいけません」という規制がないので、歯磨き粉の各社メーカーは研磨剤を入れ放題にしています。
海外では規制があるのに・・・・・・
歯科医院で行っている歯の漂白「ホワイトニング」は過酸化水素か過酸化尿素を使用して、歯の漂白をしています。
濃度が薄くても薬事法では医者と歯科医以外は使用できません。
ですから歯磨き粉のメーカーは使用できません。
代わりに研磨剤を入れているのです。

以前、子供に知覚過敏症を治すとうたっているシュミテクトという歯磨き粉にしてみたら、1週間で歯が痛い痛いと言いだしたので、使用を中断したら、しばらくして治りました。

最近、研磨剤を無配合でホワイトニングができる歯磨き粉の宣伝をしているのがありますが、以前それを信じて使用したら知覚過敏症とくさび状欠損ができたので、歯磨き粉のメーカーのいうことを信用してはいけません。

つまり歯磨き粉のメーカーがうたっているホワイトニングはポリッシング(研磨)をしているのです。
その為に最近の患者さんは、知覚過敏症やくさび状欠損が多く、ひいては虫歯になりやすく、歯が折れてしまう人が多いです。

解決方法は歯磨き粉を使用しないで、歯ブラシのみでブラッシングをするといいでしょう。
また牛乳や豆乳などカルシュウムを多く摂取できるものを大人は400cc〜500cc毎日摂取してください。
納豆なら1日に2つです。
納豆に牛乳や豆乳を組み合わせても結構です。

歯に黄ばみが付着するのが気になるのなら、コーヒーや紅茶やお茶を飲むのを控えると、歯の表面が色素沈着しにくくなります。

過酸化尿素は歯の表面で漂白する反応の持続時間が長くおもにホームホワイトニングに使用されます。(マウストレーを使用します)
そして低い濃度で薄めているので安心して家庭で使用しやすいです。
非常に歯が自然に白く漂白することができるので、患者満足度も高いです。