大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

よくあるご質問

根管治療(虫歯の治療)について

根管治療とは実際にどのような事をするのですか?

虫歯が進行して歯の中の歯髄が細菌により感染して炎症し、それを治そうと根管内に血液が流れ込み内部圧力が高まり痛みがでてきます。

これを歯髄炎と言います。

治療としては歯の中の歯髄組織と汚染した歯質を取り除くのですが、一部が残っていたり刺激のきついホルマリン系の薬剤が多く残っていると腐敗が進行し嫌気性菌が繁殖して白血球が抑えきれなくなって死んでしまい膿が溜まっていき内部圧力が高まり痛みがでてきます。

これを根尖性歯周炎と言います。

予後のいい治療としては刺激の強いホルマリン系の薬剤を使用しないで、根尖口まで根管内の歯髄組織を綺麗に取り除き汚染した歯質なども機械的に掃除して、その空洞に緊密に防腐剤を詰めるのです。
隙間があると防腐剤も腐敗します。

実際にどのような事をするのかというと根管を掃除する前に根尖口外に溜まっている血や膿を排出させる為にまず一番細いファイルで根尖口外まで穴を通します。

歯の中へ神経と血管が流れていたところなので穴があります。
それから根尖口少し手前まで切削用ファイルのサイズを徐々に太くして綺麗に掃除していきます。

その時に削りくずが根尖口を詰まらせるので、ある程度掃除したら一番細いファイルでときどき根尖口外まで穴を通します。

これをしないと根尖口が詰まってしまって溜まった血や膿を根管内に排出させる事ができなくなります。ファイルはできるだけ回転運動ではなく上下運動で機械的に掃除を行います。
上下運動のほうが根管内表面を綺麗に掃除でき防腐剤を緊密に詰めやすいです。根尖口内外付近の削りくずをより綺麗に取り除くのに根管長測定付超音波洗浄器のキャビテーション洗浄をします。

非常に難易度が高い治療です。根管治療専門医でないとここまでの事は出来ないでしょう。刺激の強い薬剤も使用しませんので予後は非常に良く抜歯するケースが著しく少なくなります。
場合によっては一生持ちます。

例えば僕の歯は再治療せずに今のところ問題ないからです。

特に痛みや腫れがある時は根尖口を開けないで根管内を掃除するだけでは治りにくいです。

その場合は痛みがとれるまで薬剤の貼薬で時間をおくしかないでしょう。痛みが取れない時もあります。

根管治療が上手という事は患者さんが一般的に望まれているできるだけ歯を抜かないという事です。

歯を抜かないケースが多くなるので治療計画も必然的に変わってきます。

例えば抜歯してインプラントやブリッジや入れ歯にしなくてもよくなります。
自分の歯を長く使うことが可能になってきますので前歯などに審美的なかぶせ(保険と自費を含め)を安心してできます。

しかしもっとも予後のいい治療は歯髄に熱刺激を与えないで虫歯を取り、大きい虫歯でも歯髄に及んでいなければ神経を取り除かないようにする治療です。

根管治療専門医達は口をそろえて「歯髄は最高の根充剤である」と言います。

「できるだけ歯を削らない、歯の神経を取らない、歯を抜かない」とはこういった治療の事を指します。