大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯の着色や変色について

⼤阪市旭区の皆様こんにちは。⽣島⻭科医院院⻑の⽣島です。

皆様は鏡で口の中をのぞいたとき、歯の着色や変色に気づき、不安になったことはないでしょうか? 歯の色はいろいろな理由で、色が変わってしまいます。

今回は、この歯の着色や変色についてご案内します。

着色や変色の原因は?
着色や変色は大きく分けて、2つの原因が考えられます。
1つ目は、歯の表面に起こるものです。
お茶やコーヒーに含まれるステインと呼ばれるいわゆる茶渋や、喫煙者の場合はタバコのヤニが歯の表面についたり、むし歯が歯の表面にできたことによる変色です。 また、むし歯をプラスチックで詰めて治した後、その部分が変色する場合があります。
以前は歯髄(歯の神経)の治療を行う際に、使う薬剤によっても変色する場合もありましたが、現在ではこの薬剤が使われなくなっているため,この原因での歯の変色は少なくなってきています。

2つ目は歯の内面や歯の質が原因で起こるものです。
まず加齢が進み、自然に歯の色が変わる場合で、色が黄色みを帯びることがあります。
他には歯の表面ではなく、歯と歯の間や、歯の詰め物の内部からむし歯になり、それが進んできた場合や、歯の神経である歯髄の病気が進んだ場合、歯の形が作られる時期にテトラサイクリン系の抗生物質(化膿止めの薬)を多量服用した場合、そして歯の作られる段階で何らかの障害を受けて歯の形がきちんと作られない場合などに起こります。

治療について
歯の表面についたステインやタバコのヤニによる着色は、歯科医院での歯のクリーニングで改善することができます。 また、むし歯や詰め物の変色については治療で改善します。
歯の内面から変色した場合には、歯を作る時期の問題や加齢という避けられない問題で、多数歯に及ぶことも多いので、簡単に治すことは難しいのですが、歯を削って白い歯を被せて治したり、歯を漂白するいわゆるホワイトニングという方法がとられます。