大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

よくあるご質問

虫歯の見分け方と虫歯治療の予後について

Q:虫歯の見分け方や放置するとどうなるのでしょうか?

A:虫歯には急性う蝕と慢性う蝕があり前者は乳白色で見分けがつきにくく、後者は茶色か黒色ではっきりわかります。

ただし歯石が歯肉縁下にあると血液中のヘモグロビンと結合して黒色になるので鑑別しにくいです。
また歯石の下に虫歯がある場合もありますので、先に歯石を取り除く処置をしたほうが見分けやすいです。
全体的に歯石と色素沈着物を綺麗に取り除くと歯が明るく白くなるので歯の間の虫歯などよくわかります。

虫歯の状態がC0からC1の初期で口腔清掃状態が良好であまり頻繁に甘い物を取られない方でほとんど歯垢が付着していないのであれば経過観察にとどめてもよいでしょう。
ある程度虫歯が進行して放置すると痛みがでて、場合によっては神経を取らなくてはならなくなります。

そうなる前に早めに虫歯治療をすれば、神経を取らなくて済む可能性が高くなるのでおすすめです。
神経を取ったら歯の寿命は短くなります。歯に栄養が行き渡らず柔軟性がなくなり破損しやすくなります。

また神経を取る治療が不適切であれば根っこの先が膿んだり腫れたりして再治療するか抜歯しなくてはならなくなります。
それも放置すると歯の中から腐ってきて歯が折れるか潰れるか抜けるでしょう。
虫歯の治療は早期発見及び早期治療がおすすめです。