大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

補綴治療について(歯の部分修復)

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

前回は補綴治療ついて、口腔内の状態、生活スタイルに応じて、多種類の補綴治療の形態から選択することの重要性を簡単にですがお伝えしました。

今回は補綴治療の種類についてご案内いたします。

補綴治療の種類には大きく分けて、
・歯の部分修復
・欠損部分自体に噛む機能を回復させる全体部分での修復
に分かれます。

大阪市旭区の一般歯科・小児歯科|生島歯科医院の補綴ブログ記事用イラスト

歯の部分修復
インレーの場合
いわゆる「歯の詰めもの」とよばれるものです。
虫歯治療等で歯を削った際、元の形に修復する人工の詰め物のことをいいます。
素材は多数あり、保険適用内のレジン・メタル、保険適用外であればハイブリッドセラミック、オールセラミック、e-max、ジルコニア、ゴールドなどがあります。
インレー処置の場合、削る量を少なくして健康な歯を残すことが可能ですが、劣化変色のおそれと強度があまり強くないというデメリットもあります。

クラウンの場合大阪市旭区の一般歯科・小児歯科|生島歯科医院の補綴ブログ記事用イラスト
人口の素材で覆い修復する方法で、いわゆる「被せもの・差し歯」です。
部分的な虫歯や歯が一部分かけてしまった際に行う治療です。神経のない歯にはコアとよばれる土台(根)を差し込んで行うこともあります。また使用する場合も単体のものもあれば、状況に応じて素材は1種類だけでなく2種類を組み合わるものもあります。
インレーに比べると、噛んだ際の力が分散され、強度があるため、歯やクラウンが欠けることは稀です。デメリットとしてはインレーと比較すると歯の削る量が多く値段も高めになります。

【参考ページ】生島歯科医院の自費診療一覧

次回は、全体修復に用いる補綴治療についてご案内いたします。