大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

顎関節症について

大阪市旭区の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

皆様の中には、口を開けるとき「パキッ 」という音がしたり、耳の下のあたりに痛みや違和感を感じる、という方はいらっしゃいませんか?

今回は、あごの関節のトラブルである、顎関節症(がくかんせつしょう)についてご案内します。

顎関節の仕組み
口を開けたり閉じたり、食べ物を上下の歯ですりつぶしたり、これは私たちが普段、当たり前に行っていることです。人のあごの仕組みとして、下あごの骨と上あごの骨とは離れており、下あごの骨の左右の頭と上あごの左右の凹みとの間には顎関節(がくかんせつ)と呼ばれる関節で繋がっており、そして周りの筋肉や関節円板、靱帯などによって、下あごの動きが上手にコントロールされているのです。

下あごの関節の頭の部分は、口を開ける際には、筋肉に引っ張られ、まわり、関節円板の上を滑る、という運動をします。 この運動が円滑に行われないと、口を開け閉めする際に顎関節やそれをコントロールする筋肉などにさまざまな症状が出ることになります。 そしてそれは顎関節症と呼ばれます。

顎関節症の症状
顎関節症の症状は大き<分けると、

①口を開けるときに音が嗚る

②口を開けづらい

③口を開けたり閉じたりする時に痛みがある

などですが、症状がひどい場合は口がほとんど開かなくなってしまうこともあります。

顎関節症の原因
原因はさまざまなものがあります。

まず、あごの動かし方が悪くて起こる場合です。ほおづえをつきながら、何かを食べながらテレビを見る癖があったり、あごをカクカクさせる習慣などがこれにあたります。 寝ている問に歯ぎしりの癖のある人も要注意です。 あごの関節はドアの蝶つがいと同じで、おかしな方向に開けたり、必要以上 の強い力を加えたり、無理に開け閉めしようとすると関節に大きな負担がかかります。

次に、口の中に原因がある場合です。 抜けた歯があるのに放置したり、むし歯や歯周病を治療しないままにしておくと、知らず知らずに咬み方や上下の歯の咬み合わせのバランスが変化し、顎関節に負担をかけることになります。 また、歯のかぶせものをとれたままにしておいたり、噛み合わせの合っていない入れ歯やブリッジの使用を続けたり、壊れた入れ歯を無理に使っていたりすることも原因となります。

最後に、体の不調が影響する場合です。慢性の肩こり、腰痛をもっているような方は、それがあごの動きに影響 し、顎関節症を引き起こすという考え方もあります。 よって、治し方もその原因によって変わってくることになります。 まったく別の病気が原因で顎関節付近に痛みが出ることもありますので、気になる症状がありましたらまずは歯科医院で診察を受けてください。