大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

<小児歯科>子供の歯の生え変わりについて③

大阪市旭区 森小路の皆様こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。
前回は、乳歯の内側に永久歯が生えてきてしまった場合の話をしました。乳歯の内側から永久歯が生えてきても、ほとんどの場合は乳歯が抜けると永久歯は少しずつ正常な位置に戻っていきます。それは、生え変わり時期の子供の前歯でも同様です。

みにくいアヒルの子時代
子供の上の前歯4本は熊手のように間が開いて、隙間がある状態で生えてくるのが正常です。これを、「みにくいアヒルの子時代」といいます。
みにくいアヒルの子時代は、前歯が永久歯に生え変わり、隙間が空いている時期のことを指します。生え変わり後すぐは、隙間が大きく空いています。犬歯(けんし)や側切歯(そくせっし)が生え揃っていくと隙間は無くなります。これは、永久歯が生え揃ってくる12歳頃が目安です。隙間が気になっていても左右の永久歯が生えてくると、徐々に左右から押されていき、隙間は無くなります。多くのケースでは、経過観察をしていると解決するのですが、気を付けなければいけない場合もあります。

不自然な大きな隙間は要注意
前歯の生え変わり時期に隙間があることは正常なのですが、不自然に大きな隙間があるときは注意してください。上の歯では上唇小帯(じょうしんしょうたい)というひだが、前歯の間に入ってしまい、隙間が埋まらないケースや、過剰歯が埋まっていて正常な歯並びを邪魔している可能性もあります。これらのケースでは、適切な施術を行うことで正常な歯並びに戻せます。気になることがある場合は受診してください。

歯列矯正が必要な場合
歯列矯正が必要になる場合もあります。永久歯が生え揃った後でも、前歯に隙間が埋まっていないときは、別に何か原因が考えられるので、一度受診してください。歯列矯正を行い歯並びを整える必要がある可能性があります。

三回に渡って、子供の歯の生え変わりについてお伝えしました。
ほとんどの場合は、様子をみているうちに問題は解消していきますが、状況によっては処置をする必要があります。もしも、気になる点や、心配なことがあれば相談にお越しください。