大阪市旭区にある生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
生島歯科医院

お知らせ

歯間ブラシについて

大阪市旭区の皆様、こんにちは。生島歯科医院院長の生島です。

今回は日常の歯磨きの際に、歯の状態や箇所によっては取り入れていただきたい歯間ブラシについてご案内いたします。
日常の歯磨きで、歯ブラシだけではみがけない部分や、汚れが除去できない箇所がどうしてもあります。そしてそれを補うために、さまざまな補助清掃器具が販売されています。

歯間ブラシとは
歯間ブラシは、試験管ブラシのように針金の周囲に丸く毛が植えられ、歯と歯の間の隙間などをみがくためのものです。
隙間の大きさに合わせて毛の部分の太さ(直径)が異なり(SSS,SS,S,M,L,LLなど)、そして形も数種類あります。
また持つ部分の形もメーカーによって工夫され、持ちやすく、動かしやすいデザインとなっています。

使い方
連結冠ブリッジの間の隙間、また歯茎が痩せて臼歯の根が露出している箇所は歯間ブラシの出番です。
※繋がっていない歯間(前歯など)に歯間ブラシを使用すると隙間が大きくなりますので注意してください
軽く毛の抵抗を感じながら、反対側に先が通り抜けるサイズのものを選びます。歯間ブラシが入らない隙間に無理に入れないでください。逆に抵抗がなく、スカスカである状態でも清掃効果が上がりません。
歯間ブラシを隙間に通したら、ただ真ん中を通すのではなく、手前の歯の表面に少し毛先を押し付け、歯の表面に沿わせて10回位前後に動かします。その後角度を変えて、奥の歯の表面に沿わせる形で同じように動かし、その隙間が終わったら次の隙間に移ります。このときにサイズが合わない場合は隙間のサイズに応じた適切な太さにブラシを変更してください。
歯間ブラシを初めて使うと通したところから出血し、不安になる方がいらっしゃいます。この多くの原因は今までその場所の歯磨きが不十分で、歯茎が腫れて傷つきやすくなっていることが考えられます。痛みが強いのに無理に使うことは避けるべきですが、少しの出血程度でしたらその場所を覚えておいて何度も優しく磨いてください。数日すると多くの場合は歯茎が引き締まり、出血が見られなくなります。

このように歯間ブラシは使用する箇所や状態によりサイズを使い分ける必要があります。使用法を誤ると歯茎を傷つけますので不安な場合はおっしゃってください。また歯磨き粉を使用した歯間ブラシの使用は歯磨き粉に含まれている研磨剤により歯が削れてしまいます。診察の際に適切なサイズをご案内いたします。