補綴治療|大阪市旭区の歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
大阪市旭区の生島歯科医院のイメージ

補綴治療について

補綴とは

歯の欠損した部分を人工物で補う治療を補綴といいます。 補綴治療に使用する人工物を補綴装置といい、安価で一定の機能をもつ保険治療内の補綴や機能や審美性を追求した自由診療内の補綴など、患者様のご希望に沿った治療ができます。

ブリッジの歯について

歯が抜けた後の治療はインプラントかブリッジか入れ歯を選択することになります。

当院では失った歯の数が少なければ(保険適応であれば)ブリッジをおすすめします。

できるだけ歯の咬合状態(噛み合わせ)を考慮して、顎関節症などを生じないような審美歯科の咬合(噛み合わせ)のブリッジを作製いたします。

治療症例のページの歯のブリッジの写真審美歯科の歯のブリッジの写真を見ていただくとご理解しやすいので参考にしてください。

インプラントは骨に埋入しているチタンの金属が溶けて体全身にめぐり、チタン毒で死に至らしめる可能性があるのでおすすめしません。(船井幸雄先生のホームページにも載っています。ご自身がチタン毒でとても大変な思いをされて、インプラントをすべて撤去されています。講演会で直接その話をお聞きしました。)

入れ歯は取り外しが面倒で外したままにされる方が多いので、そのままにされると噛み合わせが変わってきて顔や顎の形が変わり、顎関節症を引き起こしかねないのでおすすめしません。

歯科のセラミック

歯科治療でセラミックを使うことはよくあります。

歯科のセラミックは透明感があり審美的な色調で、たばこのヤニも付着しないので患者さんの満足度は非常に高いです。特に歯科のオールセラミックは・・・
ただし耐久性では歯科のオールセラミックは若干破損しやすいです。

おそらく自分の歯は使っていると少しずつ咬耗して歯が擦り減っていくのに、歯科のセラミックの歯はまったく咬耗しないので、噛んだ時に歯科のセラミックが早期接触をして割れやすくなります。

特に内層にジルコニアのような硬い石を使うと、噛んだ時の衝撃がもろに歯科のセラミックにくるので破損しやすいです。

ただし内層に歯科用ゴールド(プレシャスメタル)を使うと金の含有量が多い為に金の展性(柔らかく伸びがよい)で、噛んだ時の衝撃が緩和されるので破損しにくいです。 (歯の歯根膜のようなクッションの役割によく似ています)

特に前歯のような審美性と噛み切るような耐久性が必要なところに使用するのがおすすめです。

小臼歯部(少し奥歯で前方の歯)は歯科のセラミックとプラスチックを混ぜたハイブリットセラミック(天然歯の硬さに近似した)がおすすめです。

透明感のある審美性は多少落ちますが、すりつぶすような かなり力の加わるところは硬くてしかも多少天然歯に近い咬耗の仕方をする素材が適しているのでハイブリットセラミックがいいでしょう。

ただし内層には歯科用ゴールド(プレシャスメタル)を使用したほうが、ハイブリットセラミックは噛んだ時の衝撃が緩和されるので破損しにくいです。

もっとも一番大事なことは歯科のセラミックをかぶせる前に根管治療を予後がいいようにきっちり施さないと、痛みや腫れがでたら再度差し歯をはずさなくてはならないことです。

家を建てる時に基礎(根管治療)をしっかりさせておかないと、どんな素晴らしい家(歯のセラミックの差し歯)を建てても地震がきたら倒壊してしまいます。(痛みや腫れがでます)