入れ歯|大阪市旭区の歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
大阪市旭区の生島歯科医院のイメージ

入れ歯

こんな症状で困っていませんか?

・発音が難しく話しにくい
・入れ歯をすると痛い
・食べ物を咬むと痛い
・入れ歯をつけると吐き気がする
・付けにくい、外しにくい
・グラグラして安定しない

これらの症状の原因を明らかにし、解消する治療のご案内や適切なアドバイス行います。
患者様の要望を的確に捉えて、患者様の意向に沿った適切な治療を行います。

部分入れ歯について

部分入れ歯を作製する時は保険でブリッジなど作製できないような歯の欠損があった場合です。

インプラントは骨に埋入しているチタンの金属が溶けて体全身にめぐり、チタン毒で死に至らしめる可能性があるのでおすすめしません。(船井幸雄先生のホームページにも載っています。ご自身がチタン毒でとても大変な思いをされて、インプラントをすべて撤去されています。講演会で直接その話をお聞きしました)

患者さんが歯が抜けたのを長い間放置すると歯が挺出・傾斜移動して上下がすれ違い咬合になり、歯とともに顎の骨も挺出(突出)して顔の形も変形して(歪んで)しまいます。

そしてそれが原因で噛み合わせ(咬合関係)がおかしくなり、顎関節症にもなります。(体調不良やノイローゼーにもなります) ですからすれ違い咬合の方の部分入れ歯を作製する時は左右と前後の咬合平面に平行に歯を揃えます。

最初の治療の段階で噛み合わせ(咬合関係)を考えて、挺出・傾斜した歯を削合ないし便宜抜髄して、歯の全体の噛み合わせを調整してから部分入れ歯を作製します。場合によっては部分入れ歯の仮の人工歯配列まで行い、それに合わせてかぶせや差し歯や詰め物や歯の削合を行います。 顎関節症も改善します。