小児歯科|大阪市旭区の歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
大阪市旭区の生島歯科医院のイメージ

小児歯科

小児歯科

学校の歯科健診のみではなく、歯科医院で定期的に健診を受けておくとは、むし歯や炎症を早期に発見することができ、治療がしやすくなります。

子供にむし歯がなく、正しい咀嚼(そしゃく)をすることで、大人になっても正しい咀嚼(そしゃく)をすることができます。

小児歯科のむし歯予防

最近はお子様の虫歯が少なくなっています。虫歯予防の意識が高くなっているからでしょう。歯磨きやシーラント・フッ素塗布などの予防も頻繁にされるようになりました。

シーラント

シーラントとは、乳歯や永久歯の奥歯に、樹脂を詰めて溝を浅くする保険治療のことです。シーラントを受けることで虫歯を予防することができます。

虫歯予防のポイント

正しい食生活

1.健康を維持するために3度の食事をすることは大切です。歯の健康維持も同様です。食事をとると口腔内は酸性になります。口腔内が酸性の場合歯からミネラルが溶けだします。通常は食後しばらくすると唾液が口腔内を中和するのですが、お菓子やジュースを食べ続けると中和できないので虫歯にかかりやすくなります。

歯磨き

2.歯磨きは虫歯予防する中でもっとも基本です。お子様の歯磨きはうまくできていない可能性があるので、小児歯科で正しい歯磨きを学びましょう。

歯科検診

3.虫歯や歯周病などの疾患は、早期発見が重要となります。保育園など学校の集団歯科検診を受けても不十分な可能性があります。定期的に小児歯科で健診を受け、虫歯が進行してしまっているなどのリスクを下げましょう。