虫歯治療|大阪市旭区の歯科・歯医者|生島歯科医院

生島歯科医院電話番号
生島歯科医院診療日時
メニュ
大阪市旭区の生島歯科医院

虫歯

虫歯の見分け方

虫歯の見分け方を治療方法から考察する

虫歯

1.視診・触診・温度診・電気診・レントゲン診で虫歯かどうか、また虫歯の進行具合を判断します。

2.奥歯の咬合面の溝にかなり小さい虫歯があれば、ダイアグノデント(レーザー式歯面状態認識装置)で大きさを判断します。

3.理由は奥歯の咬合面の溝の虫歯は、表面は小さくても深いところは末広がって進行するため、見た目以上に意外に大きな虫歯になっていたりするからです。

以上のことで問題がないにも関わらず「痛み」がある場合、考えられるのは以下のことです。

● 知覚過敏症
● 詰め物の下にレントゲンで読影できない程の小さな虫歯が存在する
● 連関痛といって痛む歯の隣接歯や対合歯及びその隣接歯に虫歯があり、それが原因の場合
● 歯牙のひび割れや破損
● 天然歯の咬耗により硬い金属の詰め物の早期接触による咬合性外傷
● 埋まっている親知らずが萌出しようとして、前方の隣接歯を押して挺出する早期接触による咬合性外傷
● 他の歯を治療した後に、微妙に咬合が変わって、早期接触する咬合性外傷

などの原因が考えられます。

虫歯が欠ける

虫歯

虫歯で歯が欠ける時、歯の欠けかたによって治療方法が異なります。

前歯で歯の間が虫歯で歯が欠ける時はプラスチックで詰めますが、かなり大きく歯が欠ける時はプラスチックではすぐ取れてしまうので、神経を取って差し歯にします。

奥歯で歯の間が虫歯で歯が欠ける時にプラスチックでは咬耗が早くすぐへこんで対合歯がそのへこみに突出してくるので噛み合わせが少しずつ乱れてきます。 (かなり小さな虫歯であればプラスチックでもほとんど咬合に関与しにくいのでOKですが・・・)

その為にハイブリットセラミック(歯の硬さや咬耗が天然歯に近い)や金属で詰め物にしたほうが咬耗しにくいので噛み合わせは安定します。 かなり大きく歯が欠ける時はそれではすぐ取れてしまうので、神経を取ってかぶせにします。

虫歯の詰め物

歯の詰め物の写真

虫歯を治療する時に歯の神経を取らずに生かした場合は、金属やハイブリットセラミックなどの材料で詰め物をします。

神経を取っていない歯は栄養が象牙質に供給される為に弾力性があるので、詰め物(内窩洞)にします。

反対に神経を取った歯は、栄養が象牙質に供給されないので、時間とともにもろく硬く割れやすくなるので、かぶせ(外窩洞)にします。

虫歯などで歯ぐきの下まで虫歯が及んでいた時は、歯肉を多少削ることになるので出血します。

ですから詰め物を詰めるようにバーで削った後に、すぐ詰め物の型を取る(印象)ときれいな型(印象)が取れません。(歯ぐきが痛んで出血が多い場合)ゆえにそのまま作製すると、歯と詰め物の間に隙間ができやすく虫歯になりやすいです。

歯を削った時に出血が多いまたは歯肉を多く傷つけたのでしたら、後日に型を取る(印象)ときれいに型が取れます。技工士さんも詰め物を作製しやすいです。

虫歯の痛み止め

一時的に痛みを取るには鎮痛剤が基本ですが、根尖性歯周炎の急性化(骨膜下膿瘍など)や歯槽膿漏の急性化(歯周膿瘍など)の時はそれでは痛みがおさまらないこともあります。なぜなら腫れて痛んでいるからです。

そんな時は鎮痛剤と腫れ止め(おもに抗生物質)を併用する必要があります。抜歯などの外科処置後の時と同じですね。

食事中に噛んで痛みがあり、虫歯で大きな穴が開いていたら、応急処置として歯科医院では鎮静剤の入ったセメントを詰めると、一時的に痛みがおさまることがあります。外来刺激を遮断するので・・・・

歯髄炎なら歯髄までバーで穴を開けて歯髄充血による圧力を解放するだけで痛み止めになります。

根尖性歯周炎なら咬合しても噛まないように、歯を削合するか、かぶせを外せば痛み止めになります。

同じ病態でも歯の状態に応じて対処方法が変わる事があります。

いずれの処置も最終的にきちんと治療しなければ、再発するかさらに悪化しますので、早めに歯科医院で適切な治療をしてください。

虫歯で神経を取るとどうなるか?

神経を抜くと次のような症状が現れて、歯の寿命が短くなります。

1.歯根破折を起こしやすくなる

2.歯髄からの警告信号(痛み)を感じなくなる

3.歯髄内圧がなくなるため、細菌が歯に侵入しやすくなる

4.歯が変色する

5.咬合力(噛む力)がかなり弱くなります。(厳密に言うと神経を取らなくても金属やプラスチックなどを詰めただけでも弱くなります。)

6.神経を取っても根管内を根管の形態に沿って根尖まできれいに根管拡大形成をして、防腐剤を緊密に隙間なく詰めないと、腐敗物質や隙間により嫌気性菌が繁殖して歯が腐ってきたり腫れや痛みが生じます。

大阪市旭区の生島歯科医院ではできるだけ神経を取らないような治療をおすすめします。

特に永久歯が萌えてきたばかりの歯はまだ根管が成長途中(根未完成歯)の為にわざと神経をすべて取らない処置をして、根管の成長が完成するまで様子をみてから再度きれいに神経を取り除く処置をします。

虫歯の再石灰化について

口の中では糖類(特に砂糖)を摂取するとミュータンス菌が酸をだすので、Phが下がり歯が脱灰します。

しばらくすると唾液によってPhが上がり、脱灰したところを再石灰化してしてくれます。

1日のうちにこれを何度も繰り返します。(食事や間食のたびに)

回数が少なければ虫歯は進行しませんが、多くなればPhが下がったままになるので再石灰化が進まず、虫歯がどんどん進行し歯が欠けます。

再石灰化して元に戻っても、その下のほうに虫歯が深く進行している時もあります。

歯の表面上は白く白濁している状態の時でも、その下は虫歯がかなり進行している時もあるので、見た目がC0の時でも注意が必要です。

場合によっては治療したほうがいいでしょう。